多くのシーンで最も使いやすいカラーと言えば、やはり「黒」でしょう。

シンプルな黒のバッグはビジネスやプライベートだけでなく、冠婚葬祭などマナーの求められる場においても主張し過ぎることなくスマートに活躍してくれます。

ここでは、注目のブラックカラーのブランドバックを6点ご紹介します。

タイプやデザインなど、ご自身の好みやスタンスに合ったバッグを見つけてください。

ガデンパーティPM

エルメス ガーデンパーティTPM(トートバッグ)

エルメスのガーデンパーティは、元来ガーデニング用品を持ち運ぶために作られたバッグです。

内側に仕切りがない分抜群の収納力を誇り、カジュアルに使える点が魅力です。

オールレザーで外側も内側も汚れにくい加工が施されており、性別や年代を問わず重宝するカジュアルなバッグです。

程よく柔らかな革の感触を楽しめる点も、上質で繊細な仕上がりを追求しているエルメスならではの特徴です。革本来の素材感を存分に味わうことができ、デイリーに活躍する軽くて使いやすいおすすめのトートバッグです。

エルメス ケリー32cm

エルメス ケリー(32cm)(ハンドバッグ)

女性らしく可憐なデザインでありながら、同時に凛とした美しさも持ち合わせている点が、ケリーバッグの魅力ではないでしょうか。

特に黒のケリーは、洗練された大人の女性の雰囲気を演出する上で、まさに最適の一品であると言えるでしょう。

ケリーバッグの特徴は、その独特なフォルムにあります。

フロント、サイド、バック、どの角度から見ても一寸の狂いも感じられない美しいフォルムは、多くの女性にとって永遠の憧れです。

特にパーティーなどのフォーマルなシーンにおいては、エレガントな雰囲気を醸し出してくれます。

マチがたっぷりとしており、他のハンドバッグと比べて充実した収納力があります。

多めに荷物を入れてしまっても、しっかりとしたクロアがマチをまとめ上げてくれるため、ケリー独特の美しいフォルムを崩してしまう心配もありません。

シャネル パリビアリッツ

シャネル パリビアリッツ スモールトート(トートバッグ)

ダイヤモンドステッチとココマークチャームが目をひく、シャネル・パリビアリッツのトートバッグです。

コンパクトで使いやすく、通勤・通学の他、お出かけ用としても活躍してくれるでしょう。

トップがファスナーで開閉できるようになっているため、荷物が丸見えになることがなく安心して持ち歩くことができます。

黒のバッグはシンプルなものが多くなりがちで、ブランドアピールが控えめな傾向にあります。

もちろん、それも黒バッグの魅力の一つではありますが、少し物足りないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その点このバッグの目立ち過ぎないメタル製のココマークチャームは、過度なアピールにならず程よくシャネルの存在感を示してくれます。

使い勝手も良く、あらゆるシーンで重宝するでしょう。

プラダ カナパトート

プラダ カナパ(トートバッグ)

「黒のバッグにもブランドアピールが欲しい」とお考えの方は、プラダのカナパキャンバストートバッグをチェックしてみてはいかがでしょうか。

一目でプラダとわかる、圧倒的なインパクトのヴィンテージロゴプリントが魅力のアイテムです。

サイドにはプラダ定番の三角ロゴプレートが付いており、一見カジュアルでありながら、細部に高級感を漂わせる仕上がりが特徴的なバッグです。

サイドホックで入り口を広げることができ、収納力は抜群です。

たくさんの荷物を入れることが可能で、一泊旅行にも最適でしょう。

キャンバス素材で作られた丈夫なボディと可愛らしいシルエットのミディアムトートは、黒のバッグをオシャレに、カジュアルに使いこなしたいと考える方へ、ぜひともおすすめしたいアイテムです。

ボッテガ イントレトート

ボッテガヴェネタ イントレチャート(ショルダーバッグ)

黒のショルダーバッグをお探しの方に注目していただきたいアイテムが、ボッテガヴェネタのイントレチャート カンパーナです。

丸みを帯びた女性らしいボディとメッシュ使いが特徴の、非常に印象的なデザインのバッグです。

素材に柔らかな革が使用されているため、革の風合いをしっかりと堪能できます。

ベーシックなデザインで、年齢を問わず使用できる点も注目すべきポイントです。

また、ボッテガのアイテムはデザインだけでなく、その機能性にも魅力が詰まっています。

こちらのショルダーバッグは特に、マチを広く取った作りが特徴です。必要なものがきちんと収まるサイズで、デイリー使いにも重宝することでしょう。

ヴィトン エピ アルマ

ルイヴィトン エピ アルマPM (ハンドバッグ)

ルイヴィトンの中でも、丸みを帯びたかわいらしいデザインが特徴のアルマシリーズのハンドバッグです。

ハンドバッグでありながら、荷物が多くなった際には付属のショルダーストラップをつけてショルダーバッグとして使用することもできます。

その愛らしいデザインから、パステルやビビッドカラーなど明るい色調の品に目が行きがちではありますが、ここで注目したい点は、やはりブラックが醸し出す上品さです。

丸みのある女性らしいラインの中に、洗練された気品が演出されています。

「ルイヴィトン エピ アルマPM」は、底のマチが広く、パドロック付きのファスナーや内ポケットも充実しています。

デイリーからパーティーまで、幅広く活躍してくれるバッグと言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ブランドバッグのカラーバリエーションは豊富ですが、あえて定番の黒を選ぶメリットも大きいことがおわかりいただけたと思います。

デイリーからフォーマルまで幅広く活躍してくれるハイブランドバッグ。

ぜひお気に入りの「黒」を、この機会に一つ探してみてはいかがでしょうか。